サヨナラ OL

社会人大学生(卒業)→理想の働き方求めて彷徨い中

就活に向けて動き出す

と言っても、まず心理面のケアからです。

 

家に引きこもっている事、育った環境、働いていた環境から来る「漠然とした不安」をどうにかしようと、まずカウンセリングに行きました。

 

私は、臨床心理士(今は公認心理士に変わりました)の方とカウンセリングしました。

(こう書いているのは、色んな職種の方とのカウンセリングがあるので私のこだわりです)

 

不安というのは、煙のようにいつも心に充満していて、

火種がどこかにあるはずなのに、火種がどこにあるのか分からない。

その火種を消化できれば煙は消えるはず・・・

 

その火種こそ不安の元。

元となっているものはたくさんあって、私の場合は「毒親」「HSP」(正確にはHSS型のHSP)などです。

 

過去にカウンセリング経験はあるのですが、心理療法やセラピーには至らず終わりました。

 

なぜかというと、毒親HSPがここ最近出て来たものなので、カウンセラーによっては知らないという場合があります。

 

私は、大学の副専攻が心理学だったので(←単位満たせずw)、先生にHSPについて聞いた事あるのですが、今の段階ではHSPは心理学というよりスピリチュアル寄りなので、知らない人も多いようです。

 

HSPは、生活に影響を及ぼす気質なので、これを知らないカウンセラーに当たると話がうまく繋がって行きません。

 

恐らく、臨床心理士の人はHSP毒親というキーワードは知っていると思います。

私は、これ以外のカウンセラーの人に当たって失敗した経験があります。

 

毒親でなくとも、心理的な影響に親の存在は強いものなので、毒親というワードを使わなくても家族関係は聞かれます。

 

で、話がそれたw

 

カウンセリング内容を書くと長ぁ~くなるので割愛しますが、結果的に心理療法が必要となりました。

 

担当カウンセラーの方は、恐らくセラピー(心理療法)ができる方だと思うのですが、公共の場(行政的な場所)ではできないので幾つか心理療法ができるカウンセリングルームを紹介してもらいました。

 

どこに行くか、先生の腕と料金も含め(保険適用外)決めようと思います。

 

決まったら早速行ってみようと思います。

私の失業保険給付期間もそう長くはない。

焦ってもうまく行かないけど、焦って失敗しない土台作りをしておきたい。

 

ー続くー

 


人気ブログランキング