サヨナラ OL

社会人大学生(卒業)→理想の働き方求めて彷徨い中

真の姿を映し出す自撮り

諸事情があり百億年振りに再会したインスタグラム。

 

相変わらず、「私を見て!」欲で溢れている。

ゲスボタンがあれば連弾したい多し。

 

もうすっかり自撮りしない世代になりました。

自分の顔は、自宅鏡でしかみない。(それも日がさんさんと降り注ぐ窓辺で)

 

でも最近(理由は忘れたんですが)自撮りをする事があったんですが、撮ったものを見てビックリ。

 

おばさんが過ぎるw

 

知ってる?カメラで撮る時と撮ったものを画像で見ると雲泥の差があるという事を。

 

笑っているのに笑ってない。

おでこの皺こんなに?

たるみがひどいw

 

今回発見したのが、顔の左側が少し垂れているという事に気づきました。

もともと、体も左側が悪くなる事が多いのですが、体の歪みも左が傾いてるので、自分では平行のつもりでも左が下がっているので顔も一緒に下がってました。(何、このおまけで下がるみたいな)

 

しかも、上唇の右側が欠けているようにないので、あごのかみ合わせが悪いようにゆがんで見える。

(試しに、画像で唇に色を足してみたら歪んでなかった)

 

などなど自分の顔の荒が色々見えて勉強になったw

 

もしや?と思って、体の全体像も撮ってみたら足首がすごい浮腫んでいて、貧血や低体温などの病状が分かって今改善中・・・

 

いや~、自撮りって大切。

若かりし頃は、見てほしい欲で「誰か」のための自撮りだったのが、年とともに自分を知るための「自分のため」の自撮りになって来るんですよ。

 

昨日のzoom会で自分の顔がカメラで映し出された時、髪型が異常に決まってない事やたるみが自宅鏡でみるより重症だという事も教えてくれた。

 

zoomよ、良い仕事してくれたなw

 

自分の真の姿を映し出してくれるもの、それは

◆自撮り

◆zoom

◆電車の窓

 

3番目が一番恐怖w

 


人気ブログランキング