サヨナラ OL

社会人大学生(卒業)→理想の働き方求めて彷徨い中

【読書】アメリーのきものやわらか暮らし

f:id:goodbyeol:20211018114303j:image

1963年に三越百貨店にオートクチュールの指導をするために来日した林アメリーさんの著書です。

 

もともと裁縫が好きで、パリの裁縫学校で学んだあとクリスチャン・ディオールのアトリエで働き始めたアメリーさん。

 

ディオールで9年働いたあと、若手デザイナーだったギ・ラロッシュのアトリエに入り4年後に日本行きが決定したそうです。

 

その後、日本人の夫と出会い、着物を使ったパッチワークや洋服作りにシフトしていきます。

 

++++

 

アメリーさんが着物で作る洋服やカバーが本当に素敵で、毬の柄をあしらったベットカバーは惚れ惚れするほどです。

 

色彩感覚や柄のバランスが良くて、持ち前の才能が素晴らしいのですね。

 

あまり本を出されていないアメリーさんですが、この本ではご自分の経歴と作品が紹介されているので、一冊でアメリーさんのことが分かります。

 

ブルーの目をしたアメリーさんが着る着物のリメイク服が素敵で、やはり服は着こなす力なんだと思います。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 一人暮らしへ
にほんブログ村