サヨナラ OL

社会人大学生(卒業)→理想の働き方求めて彷徨い中

私に覚悟をすすめる本

◆うまいこと老いる生き方

f:id:goodbyeol:20221004091745j:image

92歳の精神科医中村恒子さんの「うまいことやる習慣」の続編です。

【読書】80歳以上の本 - サヨナラ OL

 

今回は、50代の精神科医奥田弘美さんと対談方式の著書です。

 

老いの手前にいる奥田先生が「老いる」ことや「生き方」について、中村先生からアドバイスやヒントをもらいます。

 

中村先生は、戦争を経験しているので人生の選択肢もなかったし生きていかなきゃいけないから、今の選択肢の多い世の中の方が生きづらいかもとおっしゃいます。

 

中村先生は、交友関係が多い方が良いという現代の風潮について、「たくさんの人と関われば関わるほど、価値観が合わない知り合いが増えるだけ」(P63)とおっしゃているのですが、これには共感。

 

ベストな人間関係のコツが「気の合わない人と付き合わない」だと、現在の風潮は真逆を行くことになりますね。

 

結構人って、やってることと思ってる事が逆だったりするんですよね。

++++

◆大人美容 始めること、やめること

f:id:goodbyeol:20221004091752j:image

大人の美容法について美容のプロ2人の対談本です。

 

ザァーとしか読んでないのですが、大人の肌事情の例えが面白くてですね。

 

大人にとって大切なのは「湿度」だそうで、要は「潤い」ってことなんですが、「大人になるって、ドライフルーツになっていくことなのよね。」(p115)

い~や、この表現すっごいツボるw

 

「どんな美人だろうと、みんな等しく乾いていく」

いや、まさにね!

白髪を見つけた時、「人間みんな平等に年をとるんだな」と思ったあの感じ!w

 

「いかに半生くらいに持っていくか」

「どうせなら、ジューシーで高級そうなドライフルーツになりたい」

 

いや、すごい名言だらけですよ(爆)

頑張って千疋屋のフルーツ目指そうってお話でしたw

 

++++

◆カムカムマリコ

f:id:goodbyeol:20221004091758j:image

林真理子さんの新刊です。

 

コロナ禍中のお話がメインです。

 

その後に、林さんとうとう日大の学長になりましたね。

これはすごい。

 

以前から日大問題については書かれていて、母校のためにひと肌脱いでもいい!とおっしゃてはいたけど、まさか本当になるとは驚きです。

 

林さんて、本当に一線で働かれる方ですね。

絶対、引退とか出来なさそう。

 

これからも、学長の仕事と並行して連載も続けていくそうで、ますます忙しくなりそうですね。

++++

 

中村先生の話とか林さんの著書を読んでいて、「私にはまだまだ働く覚悟が足りないなぁ」と思いました。

 

そう、今の私に足りないのは覚悟だわ。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 一人暮らしへにほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

 

値上がりの苦境は派遣会社にまで及ぶ

f:id:goodbyeol:20221003084625j:image

先日、派遣会社の営業マンと軽く雑談することがあったのですが、その時に「値上がり」の話になりました。

 

ここ最近値上がりの嵐ですが、保険料も値上がりし短時間労働者の保険加入も始まります。

 

このあたりの値上がりが、派遣会社の運営を圧迫するそうです。

 

++++

f:id:goodbyeol:20221003085230j:image

値上がりすれば、「派遣先の請求額が大きくなるのかな?」と思ったのですが、営業マンいわく「派遣先に請求できる上限は決まっている」そうです。

 

ですので、じわじわ上がる値上がりのために請求額もじわじわ上げるわけにはいかないので、派遣会社と派遣スタッフの折半で折り合いをつけるしかないそうです。

 

つまり、取り分調整ですね。

 

 

今回初めて知ったのですが未経験者が新たな業種で働く場合、時給は下限額になるそうです。

 

派遣でも時給は一律ではないようです。

 

今までは交通費の支給がなかった派遣の仕事ですが、今は上限があるものの交通費を支給しなければいけなくなったため、派遣会社の運営もかなり厳しいそうです。

 

運営の厳しさについて営業マンは、「いや~、それはもう(滝汗)」という反応でした。

 

そのためか、派遣会社も仕事を取りたいために割と熱心に面接(職場見学)対策をしてくれます。(質問事項などを事前に教えてくれる)

 

もしかしたら、この値上げの嵐で派遣求人の時給が全体的に下がるかも?と思いました。

 

一気に100円下がるとはならないでしょうが、20~30円などの中途半端に幅がある求人が増えそうです。

 

私が応募した求人も20円の幅があり、確認したら上限の額でOKだったのですが、未経験者なら下限の額になったかもと思います、

 

値上がりって、地味に20~30円上がっていくから時給も同じように20~30円ずつ下がるか幅が出て来る感じがします。

 

給料は基本上がらない構造になっているけど、派遣までも下げられたら派遣の時給なんて絶対上がらないから働く希望がなくなりますね。苦しいもんです。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 一人暮らしへにほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

 

私は、これで元気になるの

何だか落ち込む。

腐ってはいけない、諦めてはいけないと思う。

 

でも、モチベーションってどう上げていけばいいの?

 

++++

◆Anne-Marie:Beautiful

f:id:goodbyeol:20221001141911j:image

アマプラミュージックで見つけたAnne-Marie(アン・マリー)の「Beautiful」

 

ジャケットも可愛いし、メロディーもリズム良くて聞きやすい。

 

洋楽の女性アーティストの曲って、「そりゃ、嫌な日もイケてない日もあるけど、私はちゃんとやれてると思うわ。私を誰がどう決めつけるのかしら?」っていう肯定感高い歌詞が多いから、落ち込み気味の時に聞くと元気になる。

 


www.youtube.com

 

Are we Beautiful? All of us

'Cause  we got something nature

It's part of us

Darling when they put you down like thet

Yeah, you can reply right back 

You are Beautiful

I know,I know,you are

 

私たちってステキなの?一人のこらず?

「だって、私たちどこか自然でしょ

そういうもんなのよ」

とか、そんな風に悪く言われてもさ

すぐ言い返してやればいいの

あなたはステキよ

私は知ってる あなたはステキなの

 

◆Therapy:セラピー

「Beautiful」は、セラピーというアルバムに収録されています。

 

アン・マリーが「自分自身を受け入れ理解すること」をモチーフにして、若い世代向けに作られたアルバムのようです。

 

そうよ、変な評価されたり受け取られちゃったりしても、「私は自分の人生を一生懸命生きてる。あなたとは考え方が違うの!」って思えばいいの。

 

++++

やっぱり、最強アナ・ウィンター


www.youtube.com

この人見てると、本当おしゃれしたくなるし仕事したくなるわ(爆)

このVOGUEの73の質問あんま好きじゃないんだけど、

(質問に深さも内容もない)

 

8年越しに出てきたVOGEUの編集長のアナ

そら、自分の担当雑誌なら出ないとね。

 

今までになかった突然の即答質問↓

アナに3つの即答質問

NO!

 

この「No!」の言い方が面白くてですね(笑)

フランス語っぽい「ノン!」で、ちょっと「くだんねー質問すんな」って感じで好きw

その後、衣裳部屋に入って続きのインタビュー

 

アナがこの73の質問を良く思ってるかどうか、

質問者が気に入らない黒の服を着ていたので、衣装のプレゼント(爆)

 

そう、アナは怒っているw

 

これ見たとき、「こたつカバー?」って思った。

 

私のファッションレベルw

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 一人暮らしへにほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村