サヨナラ OL

社会人大学生(卒業)→理想の働き方求めて彷徨い中

契約期間の通知

今の短期バイトの任期満了日が通知されました。

 

7月の中旬で終わりという短い契約でした。

 

もう7月にも入るので、次の仕事探し始めないとですね。

 

メンタルやられたあの変な面接からの、つかの間の休憩でしたw

 

あの機関さぁ、また解雇者出しててさぁ(爆)

本当変な人間で構成されてる思う。

goodbyeol.hatenablog.com

今年に入って解雇者、一体何人目だよw

ニュース見るたびに引いてる。

 

++++

 

今、短期バイトを週3日で勤務してるけど、いつも短期バイトは週4入れてたんですが、やっぱり週2日の休みを確保するって大切ですよね。

 

でも、それだと金銭的に少なくなるから学習教室を週1にしてメインを週4にしようかなとかいろいろ考えてます。

 

学習教室、給料支払いが振込じゃなくて手渡しなので支給が遅れがちなのが困るんですよね。

 

ある先生が、「オーナー先生が裕福だから、こっちの焦りなんて分からないんでしょね」って毒づいてたけどw

 

給料を給料日に支払わないといけないって概念がないんだろうな、いろいろ追われてて・・・

 

でも、最近は教室異動があったりで変化があるので、まだ続けられそうですけどね。

 

この夏で仕事初めて1年かぁ・・・

 

よく続いたなw

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 一人暮らしへにほんブログ村 ライフスタイルブログへ
ほんブログ村

私、結婚してます。

って、ことにしてます。

「主婦のお小遣い稼ぎ」と言われた学習教室の仕事ですが、時間的にも収入的にも扶養主婦が多い中、学生でもないタダの独身のアタシは、うっかり先生たちの雑談に入ると「お子さんいくつ?」と聞かれます。

 

正直に「いない」と答えると、どの先生もドン引きします。

 

だから結婚してなくて、しかもこの仕事してると知ったら何かとややこしいので、

 

既婚で子どもはいない」風を装ってます。

 

子どもの有無はしょうがないけど、結婚してるかどうかは指輪してれば、まぁまぁ逃げられます。

 

異動先の教室で、私に探りを入れる先生がいて(本人はタダの興味本位なのでそこまで悪い気もしないけど「探られてる」感がある)、子どもの有無や、いたら何歳くらいなのかで私の年齢をはじき出そうとしますw

 

「先生はお若いんですか~?ウフフ」と聞かれたので「いえいえ、お若くないんですよ~オホホ」って返しましたw

 

++++

 

先日、仲の良い先生にこの話をしたら、「え~、そんな事聞くの?私は一切聞かれなかったよw」だって(爆)

 

もともと、この先生がいた教室に私が異動したので、ここの教室のことはこの先生が詳しいので事前情報をいただいていたので、安全な教室だと思っていたのですが・・・

 

いや、安全だよ。

 

先生も良い人たちだし平和。

 

でも、なんで年齢や家族事情を探りたがるのは謎。

 

しかも、子もどもいないって言ってるのに仕事終わに「今から帰って子どものご飯の準備するんですか?」って聞かれて(爆)

 

何聞いていたの?w

 

で、「子どもいないんで」って言ったら(←間違ってない)、「じゃ、ご主人と一緒にご飯食べるんですか~?」って聞かれて・・・・

 

なんやろ、書いててムカついてった(笑)

 

私は、他人に興味がない人なんで(爆)何で、こんなに私情を聞いてくるのか分かんない。

 

多分私が、職場の人間関係を薄く保ちたいちから何も質問しないし興味も持たないけど、普通なら挨拶程度に家庭の話聞いたり聞き出したり(爆)するんだろうね。

 

ちなみに、「ご主人と一緒にご飯食べるんですか~?」の質問は、「いいえ、一人で食べます」って答えました。

 

 

間違ってないから(爆)

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 一人暮らしへにほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村 

【読書】どうせなら歳は素敵に重ねたい

++++

ミランかあちゃんこと「輪湖もなみ」さんの著書です。

 

アパレル出身の輪湖さんが、年齢とともに悩むファッションについて書かれているのですが、輪湖さんと同世代でなくとも「服の選び方」がとても参考になる本です。

 

特に、気になったのが服を選ぶ時ワンサイズ小さいサイズを選びがちだという指摘。

 

「入った」のと「合っている」のとはちがう。

 

ちょっとグサッと来たw

 

小さいサイズが入ると嬉しいんだよね~

 

でも、試着室でお腹を引っ込ませて背筋を伸ばした状態で「入った」服が、日常生活の動作に合うかと言えば合わないんだよね・・・

 

生地が体についてこない(爆)

 

輪湖さんのアドバイスは、2サイズを試着すると良いんだそうです。

 

++++

 

ファッション以外でも、年齢を重ねる気持ちのゆらぎについても書かれています。

 

「若く見える」より「若い頃よりいい感じ」かどうか

「美人かどうか」より「幸せかどうか」が大事

 

年齢とともに目指す場所が変わって、もう「可愛い」とか「若さ」を追求しなくても他に得られるものがたくさんあるんだよ、と教えてくれる本です。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 一人暮らしへにほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村