サヨナラ OL

長年のOL生活にオサラバ。社会人大学を卒業し学費から解放されたので、次は生き方を軸に仕事探しな毎日です。

読書

【読書】あたしンち

お題「我が家の本棚」 去年からハマっているアニメ「あたしンち」 goodbyeol.hatenablog.com 原作の漫画も読んでいるのですが、ちょっとした表情やしぐさとか、家族あるある日常あるあるがとても面白い。 私はアニメをリアルタイムで見ていないので、昔見て…

【読書】すりへらない心をつくるシンプルな習慣

お題「我が家の本棚」 昔から不安な環境で育って来たので、人生で不安になることが多々あるのですが、そんな時、心屋さんという心理カウンセラーの方の本が参考になることがあります。 以前、この本をご紹介したのですが↓ goodbyeol.hatenablog.com 心屋さん…

そんな上手くは行かないか。

仕事を探しています。 ひとつの職場にどっぷりつかって疲れないよう、ふたつの職場を持ちたいと思っています。 ひとつは見つかったけど、この仕事に合わせたもうひとつが見つからない。 いろいろ苦戦してるんですが、一緒に働いている教室の先生から「うちに…

【読書】棚からつぶ貝:イモトアヤコ

お題「我が家の本棚」 イッテQの珍獣ハンターでおなじみのイモトアヤコさんの本です。 間違いなく!読みやすく面白い本です。 この本では、珍獣ハンターの裏話やイモトさんが仲良くする芸能人仲間の話が盛りだくさんに書かれており、竹内結子さんのお話もあ…

【読書】元気になるシカ!

何気に読んでみたら、すごく読みやすく「もし同じ立場になったら?」を想像しやすい本でした。 作者の藤河るりさんは、36歳で卵巣がんを告知されます。 手術と抗がん剤治療で現在は、経過観察中だそうです。 突然病気を宣告されたら誰だって戸惑うはず。 風…

【読書】ボーダレス・ケアラー

ものすごい不思議な小説だった。 以前、「ようこそ夜間中学へ」という本を読んでとても良かったのですが↓ 夜間中学へようこそ (物語の王国) [ 山本悦子(児童文学) ] 同じ作者の山本悦子さんが書かれた小説です。 何が不思議かというと、題名からして介護…

【読書】お母さん、年末、実家に帰らなければダメですか?

難しい心理学の話は抜きにして、「あなたの心がどうなのか」にスポットを当てることで人気の心屋仁之助さんの著書です。 何となく実家に帰りたくない。 でも、帰らないと親不幸と思われるし。 いや、年末に実家に帰るとか当たり前でしょ?! 帰らないと後で…

【読書】コッツウォルズでティールーム イギリスのお菓子に出合う

イギリスのコッツウォルズで「ジュリス」というティールームを開業された宮脇樹里さんの著書です。 イギリスで日本人が、ティールームを開くって京都でイギリス人が割烹料理屋を開くようなイメージがあって「すごいなぁ」と思います。 宮脇さん自身、「なぜ…

【読書】花のように生きれば、ひとりも美しい

1913年大正2年生まれの楠目ちづさんの著書です。 若くして結核にかかり、闘病中にいけばなの本を読んで花の仕事をするようになったちづさん。 「ひとりも美しい」とは、ちづさんが闘病で婚期を逃したことで独身として生きることを憐れむ人もいたそうです。 …

【読書】日記シリーズ

なんとも言えない表紙のイラストとともに、ちょっと読みたくなる「日記」シリーズ どの業界の仕事も大変だ。 でも、70歳超えても働ける現場ってどんな仕事だろう? そんな高齢の作者たちが、過酷な環境で働く現場の現状を日記にした仕事裏話 ++++ 1件40円の…

【漫画】鬼滅の刃

元同僚が貸してくれた大人気漫画「鬼滅の刃」 ◆お届け物は、鬼と米です。 - サヨナラ OL あまりにも人気があるものって、人気ありすぎて乗っかりたくない精神が出るのですが(爆)、鬼滅の刃は面白かったです。 ++++ 今更の内容紹介ですが、主人公の竈門炭治…

【読書】お母さんから自由になれば、結婚できる。

アマゾンで調べ事をしていたら出てきた本。 なんだか怖い題名だな・・・と思って読んでみた。 ++++ 結婚の条件や相手探しは、母親からの影響が強いというのが本のテーマです。 「結婚は苦労するもの」と言い続ける母親の元で育つと苦労する結婚を選んでしま…

【読書】アメリーのきものやわらか暮らし

1963年に三越百貨店にオートクチュールの指導をするために来日した林アメリーさんの著書です。 もともと裁縫が好きで、パリの裁縫学校で学んだあとクリスチャン・ディオールのアトリエで働き始めたアメリーさん。 ディオールで9年働いたあと、若手デザイナー…

お届け物は、鬼と米です。

以前、自宅で作っている野菜を届けてくれた元同僚から突然のLINE ◆元同僚がドッサリくれたもの - サヨナラ OL 新米:キヌヒカリ 漫画:鬼滅の刃 好き嫌いが分かれる鬼滅 誰かに似てる 無限列車乗車中 ++++ 新米:キヌヒカリ 「稲刈り終わった~!米いります…

【落第忍者乱太郎】50巻のメッセージ

先日、尼子騒兵衛展に行った話を書きました↓ goodbyeol.hatenablog.com (たくさんのアクセスありがとうございました) 展示物の中で、尼子さんの漫画に込めた想いなどがコメントと一緒に展示されていたのですが、尼子さんの「希望」を持つことへの拘りが紹…

【読書】ズボラ週間をリセットしたらやる気な自分が戻ってきました

わたなべぽんさんの実録シリーズです。 今回は、めんどくさいくて先延ばしにしてしまう癖と向き合い、打開策を見出すお話です。 ++++ 誰でも、「疲れたから」「後でいっか」「ちょっと休憩しよう」と思ったことがあるはず。 その時、スマホやテレビに手を出…

【読書】多分そいつ、今ごろパフェとか食ってるよ。

「最近のドラマや本のタイトルは長いな」と思っていて、本屋で見つけためっちゃ長い題名の本w 著者が、嫌な事言われてモヤモヤしてた時に友人に言われた言葉なんだそうです。 ++++ 仕事や友人関係で悩みは尽きませんが、その悩みにどう上手く対処すれば良い…

【読書】美しいものを見に行くツアーひとり参加

「美しいものを見ておきたい」 そんな気持ちになった益田さんが、一人ツアーに申し込み「美しい」ものを見に行く旅エッセイです。 表紙も題名だけの超シンプル↑ 益田さんが旅をするなら、アジア圏かな?と思ったら今回は主に、ヨーロッパ方面にお出かけ ・オ…

【読書】百姓貴族

以前、元同僚に借りた荒川弘さんの「銀の匙」が良かったので、ご本人の農業生活を基にしたコミックエッセイも読んでみました。 ◆【漫画】銀の匙 - サヨナラ OL その名も「百姓貴族」 「銀の匙」でも「百姓貴族」でも思ったのは、動物を扱う仕事とはとてもシ…

【漫画】鋼の錬金術師

出先から帰って来るとLINEの通知が、 「今から家にいる?漫画と野菜持って行くよー」 と漫画持ちの元同僚からの連絡。 キャー!何てナイスタイミング! ちょうど手持ちの読書物がなくて焦ってたとこだったのよー! と、すぐ来てコールすると同僚がバビュン!…

【読書】読んだ本まとめ

本音の置き場所 お気楽ひとり暮らし。 はらぺこ万歳!夫婦ごはん&親子ごはん ++++ 本音の置き場所 なぜか突然バービーが読みたくなった。 しおりがデーハー 女の語りにくいことこと語るバービー ここ最近の性別問題や風潮を語るバービー 誰よりもデーハーな…

【読書】CAボーイ

校閲ガールが面白かったので、同じ作者の宮木あや子さんの新刊を読みました↓ 校閲ガール↓ goodbyeol.hatenablog.com ++++ 「CAボーイ」は、その名の通り男性がCAになる話です。←まんま 元パイロットの父を持つ主人公の高橋が、夢諦めきれず外資系ホテルを退…

【読書】園芸少年

高校に進学した篠崎が、花壇のしおれていた植物に、飲みかけの水をあげたことがきっかけで、眉毛がなくズボンを腰で履くいわゆる「ヤンキー」な大和田と園芸部に入部することになる。 植物の知識ゼロの二人に、段ボール箱をかぶって相談室に登校する庄司が加…

【漫画】銀の匙

読書のカテゴリーで、漫画のこと書くの初めてかも? 元同僚が全巻貸してくれた農業高校が舞台の漫画「銀の匙」↓ goodbyeol.hatenablog.com 今、7巻まで読んだのですが、元同僚には「グルメで」とお願いして、「グルメか分からないけど」と言われたものの、確…

元同僚がドッサリくれたもの

激務の戦地(職場)で戦い抜いた(業務)元戦友(元同僚)が、半年ぶり?くらいに突然ラインをくれました。 要件は、 「何か、読みたい漫画あります?」 突然の連絡が、突然の内容で困惑したんですが(爆)、別の同僚に漫画を貸すのに私にも声をかけてくれた…

校閲、終わりました。

最終シリーズの「校閲ガール トルネード」読み終わりました。 いや~、表紙に反して(←しつこい?)面白かった! 過去のシリーズも面白かったけど、最終巻は河野悦子のキャラクターがハッキリ分かったところも面白かった! ◆過去閲ガール↓ goodbyeol.hatenab…

観て、食べて、読んで、買って

ここ最近の話を一気にドドン!と。 映画「クルエラ」 ナダシンの餅とサンドイッチ 最近読んだ本 楽天セール ++++ 映画「クルエラ」 評価がとてもよかったので、「クルエラ」観て来ました。 近くだとミント神戸でしかやってませんでした。 (ミント神戸の予告…

【読書】まとめ2冊

ひとりたび2年生 明日のランチはきみと ひとりたび2年生 新刊出たら欠かさず読む「たかぎなおこ」さん 一人旅シリーズも全て読んだのですが、久しぶりに読み返してみたら忘れてる事もあって面白かったです。 2年生で行ったところは、 ・函館(寝台特急に乗っ…

【読書】服はあるのにキマらない!

何なの...ジワジワ面白くて、ツボるとこ満載なんですけどww 服は好きだけど、なかなかキマらなくて悩む著者。 なんでも着れたあの頃とは違い、何を着ても「違う」と思うことばかり・・・ そして、女子たちは言う↓ 「花柄スカートにデニムジャケット合わすと1…

【読書】ワカメちゃんがパリに住み続ける理由

サザエさんのワカメちゃんのモデルと言われている 長谷川たかこさんは、現在パリに在住です。 (サザエさんの作者長谷川町子さんの妹さんの娘さんです。作者から見たら姪っ子) たかこさんは、上智大学の仏文科を出て23歳で結婚して、別れて(離婚経験がある…