サヨナラ OL

社会人大学生(卒業)→理想の働き方求めて彷徨い中

人のストレスはストレス

益田ミリさんが割と好きで、新刊も必ずチェックしています。

新刊の「スナック キズツキ」も楽しみにしていました。

 

本を読むより先に、ドラマの配信が始まったのでサムネの魅力に惹かれて観ました。

f:id:goodbyeol:20220514132358j:image

観た感想は、「ん?」で1話で止めました。

 

++++

スナックキズツキには、さまざまな人がそれぞれのモヤッとしたものを抱えて、フラッと立ち寄ってしまうスナックです。

 

ここに来るからと特に解決されることもなく、モヤッとしたものが少し軽くなる程度ですが、読んでる方はすがすがしくなる本です。

 

それが益田ミリさんの著書の魅力だと思うのですが、ドラマ化されて人が動くと何か違うんですよね。

 

もうそこに益田ミリの世界はない。

 

と、いうより別の世界。

 

++++

出てる人も決して悪くないのに益田さんの本みたいにスッキリしない。

 

そうかぁ、

 

人のストレスを見るのはストレスなんだ。

 

そして、益田さんのストーリー展開には完璧なエンドがないこと

 

何となく「うふふ」で終わって、読者に答えを与えないこと

 

それが良いんだと思います。

 

でも、ドラマだとイラっとした声や鬱々とした表情があって登場人物にはみんなちゃんとした人格がある。

 

始まりがあって完璧な終わりがあるから、面白くないんだなと・・・ちゃんとした終わりがあって面白くないってどういうこと?ww

 

書いてて謎w

 

きっと、益田さんの世界観は映像にしちゃいけないんでしょね。

あのふわっとした世界観は漫画だからこそなんだろうなと思いました。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 一人暮らしへにほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村