サヨナラ OL

社会人大学生(卒業)→理想の働き方求めて彷徨い中

年末が近づくと

「もう残り○ヶ月」と聞こえてくると、「ギヤー!もう、今年が終わるー!」とブルーになっていたのですが、

今年は、もう今年が終わっても全然イヤじゃないです。
 
恐らく、今年は1年間まともに仕事があったからだと思います。
 
ここ2年ほど、ずっと「働く」事のあり方について悩んでいて、いつもその場しのぎの仕事や収入しか得られなかった不安があり、真夏の暑い時期にクーラー代を心配したて付けられなかったり、いつ収入がなくなるか分からないから、後で請求の来るクレジットカードの請求金額を気にして買い物ができなかったり、常に不安と隣合わせでした。
 
今は、収入が少ないといえども、定期的な収入があるので節約を心掛けているとは言え、暑い時にクーラーを入れ、ちょっと欲しい物を買ってみたり、そんな小さい喜びや安心をこの一年体験して、来年の恐怖心が消えました。
 
巷にあふれるブラック求人に引っかかり、会社への不信感が募り就職は難航しました。
 
そんな時、人材会社のスタッフから言われてた、「受けた傷はそう簡単に癒されるものではないと思います。焦る気持ちもあるとは思いますが、自分を癒す事も大切だと思います。」と言われ、「癒すってどうやって?まともに就職する事が癒しじゃないの?」と思っていたのですが、定期的な収入がある事や有休を使う事ができて、定時に上がる事のできる環境を1年経験してみる事で、確かに私は癒されたと思います。
 
人材会社の人は、「焦る気持ちがだけが先行して、傷がいえないまま新たな職場に就き、またダメになって辞めて行った人たちを私は何人も見てきた。」という話を今なら理解できます。
 
まだまだ、その場しのぎの「生かされている」感が否めない私の人生ですが、心が癒されてきている事が一番嬉しいのです。